フォーチューンクッキーは日本の文化?

アメリカ発の食べ物の7位に選ばれていたフォーチューンクッキー。

中におみくじ的なアドバイスが書かれたメモが入っています。

Fortune cookies 2

こちら別記事内にも書いたようにアメリカやカナダの中華料理店に行くと必ず出て来ます。1915年にサンフランシスコで開かれたパナマ万国博覧会で広まり始めたと言われているこのフォーチューンクッキー。実は本来、日本の文化から始まっているとか。もともとは日本の北陸地方で新年を祝うために参拝者に配られていたおみくじせんべい、辻占せんべいから来ているとのこと。もともとサンフランシスコのジャパニーズティーガーデン内の茶屋を運営していた萩原さんという方がお店に来られたお客様にお茶請けとしてこの煎餅を出していたそう。

 このアイデアを誰かが引き継ぎ、1915年ごろをきっかけに第二次世界大戦後、チャイニーズフードのレストランがこの二つ折りのおせんべいを取り入れはじめ、現在では食後にフォーチューンクッキーが出てこないと驚くくらいに一般的になっています。(*萩原さんのご家族は特許などを取得していなかった。)

食後の話がつき始めた頃にデザートに少し甘いもの、そして中には占いの紙が入っているとなると確かに話題にもなるし楽しいですよね。

Fortune Cookie

ちなみにフォーチューンクッキーの占いでアメリカ人がよくやって楽しんでいる方法があるので書いておきましょう。

遊び方は簡単。

1. 書いてある英語を読みます。

2. 語尾に「in bed.」を追加。 (ベッドの中でという意味。)

こうすると全てが面白くなるのです。笑 (セクシーに読みます。)

ちなみに私もよくやりますが、一緒にいる人のキャラクターを選んで気分を害さないように気を付けてくださいね。

大人のジョークが嫌いな人には嫌がられます。

では下の写真でやってみて下さい。笑

Domo Party

 

 

アメリカ発 10の食べ物 7/10

アメリカ発祥の食べ物・ 7つ目は アメリカン・チャイニーズフード

chinese-food

これがアメリカ発?そんなのあり?。。。(´ε`;)ウーン…

ありみたいです(・∀・) 笑

確かに本場中国でこんなもの出て来たら許せないという感じです。

 

ちなみにこれアメリカのチャイニーズフードのファーストフードにおいてのお話。

発明したというのかアレンジしたというのか微妙なところですが、アメリカのモールとかショッピングセンターなどには必ず

一軒は目にするチャイニーズフード。

こんなのを発明できるのは確かにアメリカ人しかできない??など、とあるアメリカのサイトでも掲載されているのを読みましたが、

これは間違いなくジャンクフード(ファーストフード)です。(ΦωΦ)フフフ…

とはいえ、確かに食べてみれば味はそんなに悪くはありません。我慢必要なものも時にはあります。(笑)

 

代表的な中華料理のファーストフード店といえばパンダエクスプレスです。

パンダエクスプレス

最近は日本でも増えてきているのではないでしょうか?

ちなみラーメンなど、私たち日本人がイメージするような汁系の中華ものは一切置いてないのがアメリカのチャイニーズフード店です。pandamall

ちなみにパンダエクスプレスで私の好きなメニューはオレンジチキンとチャウメン(塩味系のやきそば)のシングルボールです。

約6ドルとファーストフードにしては高くないか?と思う値段ですがまあ許せます。

まあ考えて見れば確かにこの脂っこさをしっかり楽しめるように創り確固たるものにしたのですからアメリカ発祥の食べ物と言っても過言ではないのかもしれませんね。笑

◎豆知識

アメリカでチャイニーズフードを食べると必ずといっていいほどついてくるのがフォーチューンクッキーです。このフォーチューンクッキー、実はこれこそ本場アメリカ発祥のものなのです。そしてこれに大いに貢献したのは日本人でした。フォーチューンクッキーと日本人の関係 詳しくはこちら http://amejapa.com/fortunecookie-570.html