Home » アメリカ”食”関系 » アメリカで日本の食パン
    

アメリカで日本の食パン

 

stick-boyパン短歌

  

分かる人には分かりますよね?笑

アメリカの食パンと日本の食パンの違い

何かが違うんですよね。まずは厚さ。アメリカで普通に購入する食パンって薄切りばかりです。そもそもサンドイッチを作ることを目的に切られているので仕方ないのですが、トーストを食べたい時にこの食パンを焼いて食べた時、私たち日本人からすれば「薄い、小さい、食べた気がしない。」と感じることが多いのではないでしょうか?

 食べ方や目的が違う為どちらが良いという問題ではないのですが、サンドイッチを作るわけでもなく、シンプルにトーストが食べたいときはむなしさを感じます。日本の市販の食パンは食べごたえやふわっと感がありますが、アメリカの市販の食パンにはそれを感じません。理由は簡単です。アメリカの食パンは薄切りがメインだからです。ですので焼いて普通にトーストとして食べる場合、いくらマーガリンを塗っても焼き過ぎてしまうとラスクのような歯触りになりますので気をつけてくださいね。笑 ふわふわ感はないものだと想定しておいしく頂きましょう。

bread store

 逆にアメリカは日本と違い、原料分けされた食パンの種類は日本に比べてはるかに多く、White, Whole Wheat, Honey Wheat など、選ぶ時に悩んでしまうくらいです。厚さの選択はほぼない割にカテゴリー分けした品ぞろえはとてもよく、ハンバーガー用のBunsやマフィンなどと一緒に並べてスーパーに一列場所をとるほどドカンbread sectionと並んでいます。私たちが普通に食パンを日本で探す感覚で一般的な食パンを見つけるなら「White」と書かれているものが一番近いでしょう。 また、多種類のブランドの中でも一番日本の食パンに味が近いと思われるのはSara LeeブランドのWhiteです。PBJ(ピーナッツバター&ジェリーサンドイッチ)や日本っぽいサンドイッチを作る時、私はこれが一番のおススメだと思っています。

  saralee日本の食パンに近いブランド

 ← Sara LeeのClassic White

 全米のどのスーパーでも大体売っています。

 

 

慣れればどの食パンもおいしいのですが、どうしても日本に近い方がいいという方は薄切りで良ければ一度このブランドを試してみて下さいね。私の場合はどうしても食パンは厚切り派!ということに渡米後気づき最近は自分で作ることを覚え、病み付きになっています。アメリカのパン焼き器でできる日本の食パン。友人にも大好評でしたので次回はアメリカで日本の食パンに限りなく近い食パンの作り方を掲載したいと思います。ご興味ある方は是非読んでやってください。

アメリカの食パンと日本の食パンの比較・まとめ

アメリカの食パンは。。。

・サンドイッチ用の薄切りが大半である。

・トーストの場合、フワフワ感は期待しない

・原料別の種類が豊富。

アメリカの食パンで日本の食パンに近いブランドは「Sara LeeのClassic White」 


                                                                      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です